スポーツ 才能

運動神経は遺伝するのか?

 

 

運動系の習い事で頭角を現すには、そのスポーツが適しているかどうか?

 

運動会

私には3人の娘がいますが、今のところ次女だけが運動神経が学校でもずば抜けています。
マラソン大会でも、2位と大差で毎年優勝しているほどで私の学生時代以上の成績を残しています。

 

私の学生時代は勉強の成績が悪く運動神経だけは突出していたので、運動バカと呼ばれていた私の遺伝が強いんだと思っております。

 

私の奥さんに運動神経が良かったのか聞いても、勉強もスポーツでも良くもなければ悪くもない、平均くらいだったと言っております。
私から見ると、車の運転はすごく下手だと思いますが…。特にバック(笑)

 

 

三女はまだ小さいので運動能力は比較できませんが、長女に限り明らかに運動能力の低さが通知表にも表れていてガッカリするほどです(´;ω;`)ウゥゥ

 

同じ親から生まれて、どうしてこんなにも違いがあるのか不思議でしょうがありませんよね?

 

 

しかし、長女は中学に入って卓球部に入ると次第に先輩レギュラーを脅かすまで頭角を現すようになってきました。

 

 

運動しか取柄のなかった私は、運動に自信のない学生たちが集まっている部活動ならわからなくないと思っていたのですが、他校も参加する卓球大会でもそこそこ勝ち上がっていったのです。

 

それは、私の考えにあった「メジャーなスポーツに比べても競技人口が少ない」からという言葉は当てはまりません。

 

 

 

たくさんある競技の中で長女に適した卓球というスポーツを運よく見つけたのじゃないかと思ってしまいます。
しかし、今現在でも体育の授業で成績はよくありません。

 

 

小さなときから英才教育で親に育てられて、有名なスポーツ選手になった人も多くいます。
では、本当に英才教育をすれば人よりも上達できるのか疑問ですよね。

 

これらの話を私の学生時代からの友人である、スポーツマッサージの先生に話すと明確な答えが返ってきて納得できました。

 

人それぞれ背格好や筋肉の種類が違うから、その人にあったスポーツを始めることが上達のカギだそうです。

 

 

 

 

DNA EXERCIS

 

スポーツが上手くなるのと、好きとは全く別の話です。

 

黒人バスケット選手

オリンピックの陸上競技で表彰台に上がる選手の大半が黒人選手。
スポーツでは全てにおいて黒人選手が優秀なのか?

 

そうではありません。

 

 

逆に、水泳競技の決勝では、黒人選手を見ることはありませんよね!

 

 

「先祖が狩猟民族だから走るのが得意、陸上も早いのが当たり前」
「陸上競技は黒人向き!」なんてことを現代科学が進む前に言われていました。

 

これらは、根拠のない言葉ですが、一概にそうは言いきれない部分もあるのです。

 

現代科学では、DNA(遺伝子)の研究が進み、人それぞれ遺伝子によって成長しやすい種目があるわかったのです。

 

 

先ほどの陸上競技で表彰台に上がるような黒人選手には共通する遺伝子を持っていた。
だそれだけのこと。

 

その遺伝子に適した種目を選択したからメダルを獲得することができたといえるのです。
表彰台に上がる水泳選手の遺伝子とは全くもって陸上選手とは別物の遺伝子なのです。

 

 

もし、新しくスポーツを始めるなら、遺伝子情報から適したスポーツを選択することで早く上達することが実証されています。

 

運動不足のために始め上達を求めないのなら、どんなスポーツでもいいでしょう!

 

「やるからには上手くなりたい」と思うのなら、遺伝子検査で適したスポーツを探すことをおススメします。

 

 

小さなお子さんに習い事させる際にも、将来のために検査結果を見てから決めてもいいでしょう!

 

 

人間の遺伝子情報は一生涯変わることがありません。

 

 

もしも、あなたに合った新種のスポーツが出てきたときに、いち早く取り組むことでプロへの道も大きく開けていくでしょう!

 

 

 

 

スポーツ遺伝子を調べる検査はコチラ
     ↓    ↓    ↓


 

 

 

 

 

細胞摂取は全く痛くない

 

この運動能力を調べる遺伝子検査は、何も難しいことはありません。

 

申し込み後に検査キットが届くので、綿棒を使いほっぺたの内側を沿って口腔粘膜を採取して同意書に記入したら送るだけです。

 

後は結果が出るまで待つだけ。

 

 

もちろん、検査結果と一緒に分析結果から適した能力を更に伸ばす運動メニューも取り入れることで能力を成長させてください。

 

 

 

娘三人の遺伝子検査結果

 

私もこの遺伝子検査を知り、3人の娘を検査しました。
長女・次女の検査結果は、同じ姉妹でも筋肉のタイプが異なっていて長女が体育の授業で行うようなスポーツは苦手のようです。

 

次女の結果は、バランスの取れた筋肉みたいで、どのスポーツでも上達できるタイプのようです。。

 

姉妹だから、同じ結果が出ると思っていたので親としもビックリですΣ(・□・;)

 

この結果から、次女が卓球を始めてもある程度早く上達するようなので、本人がやりたいと言えば近い将来は卓球姉妹で活躍しを期待したいです。

 

 

それから三女の結果ですが、長女の検査結果とよく似ていたので今から卓球を始めるのもいいし、他にも複数の適したスポーツがあったので三女がやってみたいと思うスポーツを習わせることにしました。

 

 

 

遺伝子結果を見て、どれだけ練習しても成長することが難しいスポーツを避け、練習を重ねれば成長できるスポーツを選べることは長く続けていくモチベーションにも繋がります。

 

同じ努力をしても、結果が出なくて辛いのはスポーツしている本人ですものね!

 

この遺伝子検査は、長女の運動神経が悪かったことで出会うことができました。
私と同じように何か一つは特技を持たせたいと願う親心を持つ人にも是非遺伝子検査をしてもらいたいですね!

 

 

運動潜在能力を知る検査はコチラ
   ↓   ↓   ↓